AIや金融の分野で注目を集めるフィンテック事業をご紹介します。

MENU

フィンテック事業にはどのようなものがある?

 

スマートフォンとネットワーク

 

皆さんは、「フィンテック」という言葉をご存知でしょうか。
おそらく、今はまだご存じでない方のほうが多いかもしれませんが、このフィンテックが今、AIや金融といった分野で注目を集めています。
もしかすると、今後数年の内に一般的に浸透するような事業になるかもしれません。

 

そこで本文では、そんなフィンテック事業について、具体的な事業例を挙げながら紹介していきたいと思います。

 

フィンテックとは何か

今はまだ、フィンテックと言われても何のことだか分からないという方が大半だと思いますので、まずはフィンテックとは何なのかというところから始めたいと思います。

 

フィンテックというのは、ファイナンス(Finance)とテクノロジー(Technology)の2つを併せた造語のことです。
そしてその中身も、ファイナンスとテクノロジーが融合したものとなっています。

 

フィンテックというのはもちろん英語ですから、具体的な内容を想像しにくいかもしれませんが、日本語訳の金融ITや金融テクノロジーといった言葉を聞けば、
その中身を簡単に想像できるのではないでしょうか。
ちなみに、このフィンテックという造語は和製英語ではなく、英語圏で生まれた言葉だとされています。
また日本では最近、金融IT分野のベンチャー企業のことを「フィンテック企業」と呼ぶことが多くなっています。

世界のフィンテックサービス

 

フィンテック事業の具体例

フィンテックが何なのかということが分かったところで、次にフィンテック事業にはどのようなものがあるのかを、具体例を挙げながら紹介していきたいと思います。
もちろん全てを紹介するわけにはいきませんので、代表的なものをいくつか挙げてみます。

 

スマートフォンでのカード決済

 

スマートフォンでの決済イメージ画像

 

これは所謂「モバイル決済」と呼ばれているもので、フィンテック事業の中では最も一般的に広まっているものです。

 

特に有名なのは、iPhoneやAndroid携帯などに小さな器具を取り付けるだけでクレジットカード決済が可能になる「Square」「楽天スマートペイ」です。
おそらく、既にこうしたサービスを利用しているという方も多いのではないでしょうか?

 

これまで、携帯電話でクレジットカード決済を行う祭には、専用の大きな機械を購入してそれを電話回線に接続する必要がありました。
しかし、フィンテックを使ったモバイル決済では、携帯電波を使って決済をすることが可能になったので、小さな機械を取り付けるだけ事足りるのです。
モバイル決済は、金融とITが融合したフィンテックの代表的な例だと言えます。

 

家計簿の自動作成が可能なクラウド家計簿

スマートフォンでのカード決済と同様にフィンテックを使ったサービスとして特に有名なのがこのクラウド家計簿です。
従来の家計簿は、銀行通帳やレシートとにらみ合いながら1つ1つの数字を手書きで記していく必要がありました。
そしてこれには当然、それだけの手間と時間がかかります。

 

しかしそんな家計簿の作成も、クラウド家計簿を使えば手書きの場合とは比べ物にならないほど簡単に行えてしまうのです。

 

クラウド家計簿では、クレジットカードやネットショッピングなどの明細、電子マネーなどの利用履歴などを1つにまとめることができ、尚且つそれらの記録を自動で計算して家計簿を作成してくれるのです。

 

クラウド家計簿のサービスを提供している会社で特に有名なのはマネーフォワードやfreeeの2社です。

 

この2社では、月収や銀行口座残高、食費や交際費などの支出などがあっという間に計算されるため、短時間で家計簿を作成できます。

 

AIによる投資プランのアドバイス

 

PCに映る投資データ

 

これまでは、個人投資家に対する投資プランのアドバイスは銀行や証券会社の職員が行っていました。
ですが、こうした状況が今後大きく変わるかもしれません。

 

近年、AI(人工知能)が投資の専門家に代わって投資プランのアドバイスをする「ロボアドバイザー」というサービスが個人投資家を中心に広がってきているのです。

 

このサービスでは、AIが6000銘柄以上の金融商品の値動きをチェックし、ユーザーの投資志向や市場の動向に合わせたポートフォリオ作りに対するアドバイスを行ってくれます。
従来は、こうした作業の全てを人間が行っていたため、チェックできる銘柄の数はある程度限られていましたが、AIが行うことでその数が飛躍的に増加したのです。

 

また、AI関連で言えば最近になって「AIスコアレンディング」という個人向けの融資サービスも登場してきています。顧客の信用性を数字でスコア化することにより融資の上限を決定でき、従来の審査では実現できないスムーズなサービス提供が可能となった次世代の金融サービスです。

 

またロボアドバイザーが登場したことで、これまで一部の高所得者層しか利用することのできなかった資産運用へのアドバイスが、誰にでも利用できるようになりました。

 

現在、ロボアドバイザーの分野で特に顕著な業績を上げているのはお金のデザインという会社です。
この会社が提供しているTHEOというサービスでは、簡単な質問に答えるだけでAIが利用者に最適なポートフォリオを作成してくれます。