AIスコアの水準に基づいて金利や極度額を提示する個人向け消費性融資サービスです。

MENU

AIスコアレンディング

 

AIをイメージした人間

 

最近、個人向けローンの分野で話題になっているものがあります。
それが「AIスコアレンディング」と呼ばれるものです。
AIスコアレンディングは近年注目度の高まっているフィンテック事業の一種です。
今はまだそれほど知名度は高くありませんが、今後は一般的にもかなり広まっていくであろうと予想されていますので、
本文でもこのAIスコアレンディングについて取り上げていきたいと思います。

 

AIスコアレンディングとは何か?

AIスコアレンディングと聞いても、現時点ではまだピンと来ないという方のほうが多いはずです。
ですので、まず最初にAIスコアレンディングとは何か?というところから説明していきたいと思います。

 

AIスコアレンディングとは、簡単に言えばAIスコアとレンディング(貸し出し)が合わさったサービスのことを言います。
この内、前者のAIスコアというのは、AIを活用して信用力などを含めた顧客の様々な情報をスコア化したもののことです。

 

そして、後者のレンディングは文字通り、利用者に対してお金を融資することを指します。
この2つが組み合わされたのがAIスコアレンディングで、
具体的にはAIスコアの水準に基づいて金利や極度額といった条件の参考値を提示する個人向け消費性融資サービスのことを言います。
尚、最終的な融資の決定や融資条件の設定についてはAIではなく人間が行うことになっています。

 

AIスコアレンディングのサービス

日本におけるAIスコアレンディングのサービスは、2017年に株式会社みずほ銀行とソフトバンク株式会社が共同で設立した「株式会社J.Score(ジェイスコア)」がスタートさせました。

 

そのサービス内容は、基本的にはこれまでカードローン会社が行ってきたものと同じですが、AIスコアレンディングのサービスにはこれまでに無かった特徴がいくつかあります。

 

自分に合った金利と限度額を知ることができる

AIスコアレンディングでは、AIスコアによって収入からライフスタイルに至るまで様々な要素を加味した診断を行うことができます。
そしてそのことによって、利用者一人一人に合った金利や限度額を知ることができます。
カードローンを利用する場合にもこのような診断が行われるわけですが、AIスコアレンディングの場合にはチャックされる項目がはるかに細かく設定されています。

 

手続きがネットで完結する

これまでも個人向けローンの中にはネットを活用したものがありましたが、AIスコアレンディングはこれとは一線を画しています。
AIスコアレンディングでは、申し込みや契約、契約内容確認といった手続きの全てをPCやスマホを介してネットで完結させることができるのです。
わざわざ店頭やATMに出向く必要が無いため、手続きはあっという間に終了します。

 

例えば、深夜に翌日の急な出費が分かった場合、その日の内にサイトにログインして借入れを申し込めば、翌朝には口座への振込が完了しています。
これは、カードローンでは到底考えられないことです。

 

またAIスコアレンディングでは、当日中の借入れにも対応しています。
平日の14時までに申し込みを行えば、その日の内に借入れることができるのです。

 

もちろん、この手続きはスマホからでも行えます。

 

借入れまでの流れはこれまでと同じ

AIスコアレンディングには従来の個人向けローンとは異なる点がいくつかありますが、申し込みから借入れまでの流れはこれまでと何ら変わりありません。
従来のカード会社と同様に、まず初めに申し込みを行い、次に貸し手の側で審査が行われ、これに合格すれば契約が結ばれるという流れになります。

 

もちろん、審査においてAIスコアが活用されるかどうかという違いはありますが、利用者に見える範囲での違いはありません。
ですので、まだAIスコアレンディングを利用したことが無いという方でも、従来のカードローンと同じ要領で手続きを行うことができます。