クラウドファンディングには寄付型、金融型、購入型があり、日本では購入型が最も普及しています。

MENU

クラウドファンディングサービスとは

 

クラウドファンディングサービスの仕組み

 

ここ数年で頻繁に目にするようになった言葉の一つに「クラウドファンディング」があります。
おそらく、その内容について知らない人でもこの言葉自体は一度は目にしたことがあるはずです。
そんなクラウドファンディングですが、実はこのサービスにはフィンテックが用いられています。

 

本ページでは、このクラウドファンディングのサービスについて紹介していきたいと思います。

 

クラウドファンディングとは何か

最近よく目にするようになったクラウドファンディングという言葉ですが、これが一体何なのかを知っている人は決して多くありません。

 

簡単に言えば、クラウドファンディングとはクリエイターや起業家が製品やサービスの開発、アイデアの実現といった「目的」のために、不特定多数の人に対してインターネットを通じて資金の出資や協力を募ることを言います。

 

ちなみにクラウドファンディングという言葉は、群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語となっています。

 

クラウドファンディングの具体例

例えば、あるクリエイターが映画を自主制作しようと考えているとします。
そうするとまず、このクリエイターは以下のような情報をプロジェクトとしてクラウドファンディングサイト上に掲載することになります。

 

  • 何故その映画が作りたいのか
  • どのような映画を作りたいのか
  • どのようにして作っていくのか
  • 資金はどの程度必要なのか

 

これに加えて、出資をしてくれた人(支援者)に対して、何かしらの見返り(リターン)を提供できる場合には、その旨も併せて記載します。
そうすると、プロジェクトに共感した複数の支援者が少額ずつ資金を出資し、目標金額に届いたらその時点でプロジェクトが成立します。
そしてプロジェクトの起案者は、集まった資金を元手にしてプロジェクトを実行していきます。
その際に、プロジェクト起案者はサービス運営者に対して手数料を支払わなければなりません。

 

手数料の金額は、支援者から集めた資金の10~20%に設定されています。
以上が、クラウドファンディングの概要です。

 

クラウドファンディングの種類

クラウドファンディングと一口に言っても、実際にはいくつかの種類があります。
一般的には、支援者に対するリターンの形によって以下の3つに分けられています。

 

  • 寄付型:支援者はリターンを受けられない
  • 金融型:支援者に金銭的なリターンが生まれる
  • 購入型:支援者は物品や権利を購入し、支援額に応じたリターンを受けられる

 

日本ではこの3つの内、金融商品取引法の関係から、購入型のクラウドファンディングが最も普及しています。

 

クラウドファンディングのマッチング

クラウドファンディングを行うためには、起案者が支援者を見つけなければなりません。
要するに、両者のマッチングが必要なわけです。
そしてこのマッチングに必要不可欠なのが、クラウドファンディングサイトです。
起案者はまずサイトに登録し、そこで支援者に対して資金の提供を呼び掛けます。

 

そうすると、起案者のプロジェクトに賛同した支援者が資金の提供を申し出てくるので、そこで目標金額に達すれば資金調達は無事完了ということになります。
尚、支援者から資金が集まってもそれが目標金額に届かない額であれば、その資金は全額支援者に返金しなければなりません。

 

スマホ決済、クラウドファンディングなどフィンテックによる今後の進化はこれからも続くでしょう。