個人や企業にもたらされるフィンテックの経済効果についてまとめました。

MENU

フィンテックとは

FinTechとは、IoTやビッグデータAIといった最新のテクノロジー(Technology)を金融(Finance)サービスに活用させることを目的とした、金融業界の新しい取り組みのことを指します。

 

今までインターネットやテクノロジーという分野からは距離があるように思われていた金融業界ですが、全くの畑違いと思えるようなの分野の技術を業務に組み込むことで、どのような経済効果が見込めるのでしょうか?

 

個人にもたらされる経済効果

スマホを持っている男性の手

我々の生活には、身近なところでモバイル決済電子マネーなどのキャッシュレス決済という名前で、すでに多くのFinTechが取り入れられています。
それらの登場で、我々の決済事情は大きく変化しました。

 

現金を取り出すことなくスマホで決済できる、LINE Payなどのモバイル決済、SuicaやEdyなど種類が豊富な電子マネーがまさにその代表例です。

 

それらのテクノロジーが今以上に自由で便利なものへと進化を続けていけば、我々の生活はさらに安全になり、落ち込んでいる消費活動を活発にさせる効果があるでしょう。

 

現金がFinTechを阻害してしまう可能性

FinTechの活躍によってキャッシュレス決済の認知も広まっているものの、現在の日本のキャッシュレス決済比率は2016年で19.8%と、世界に比べてかなり低い水準にあたります。

 

確かに日本において現金の高い安全性と匿名性は、決済手段として非常に優秀に機能しています。
しかし、裏を返せば現金が流通し続けるということは消費における情報の収集と管理という面においては非常に効率が悪いものになり、FinTechの消費の最適化を著しく阻むものになるのです。

 

企業にもたらされる経済効果

なにかにひらめいたスーツの男性

日本における企業の99%以上は中小企業で構成されています。
2009年を境にあらゆる規模の企業で求人数は上昇傾向にあり、圧倒的にどの企業でも人手不足が続いていると言える状態です。

 

FinTechの活躍は、そのような人手不足の企業を対象に中小企業の課題解決を助け、労働者の潜在能力を引き出す重要な役割が期待されています。
実際に以下のような取り組みが行われており、業務の改善を促しています。

 

バックオフィスの業務改善

FinTechの得意とする金融のジャンルを生かした、クラウド会計・経理サービスの刷新により煩雑な経理業務を自動化することで、中小企業のバックオフィス業務の改善に取り組んでいます。

 

これにより、さらに効率的な経済活動を期待できるでしょう

 

資金調達面で頼れる参謀に

バックオフィスの改善の時に用いたクラウドサービスが、さらに進化を遂げることでキャッシュフローの可視化が可能になります。

 

資金調達は非常に繊細な問題であることから、人材の確保が特に厳しいとされている分野で、FinTechが最優先で解決するべき対象となっています。