金融業界でAIは顧客対応の自動化、市場調査、金銭貸借の信用判断の分野で活躍しています。

MENU

AIについての考察

作動しているAI

FinTechの働きもあり、金融業界を始めとして、AIを業務に活用することは現在非常に注目されている動向になります。
そんな金融分野に関わる立場の人も、そうでない人も知っておきたいAIの現状とは一体どのようなものになっているのでしょうか

 

これからが期待される強いAI

AIには大きく分けて2種類があります。
まず1つとして、AIの分野でよく求められているのがドラえもんや鉄腕アトムに代表される人間に近いロボットです。
彼らのような自身でオリジナルの考え方ができ、行動選択ができるAIのことを汎用型AIと呼びます。

 

“自分で行動選択ができるAIは本来の姿である”という意見も多いことから、特に強いAIと呼ばれています。
最終的には人間レベルの知能に匹敵することが想定されていますが、そのようなコンピュータの開発は未だ実用化に至らずこれから期待されている研究分野になります。

 

現在の効率化を支えている弱いAI

AIのもう一つの形として、チェス専用のスーパーコンピューターディープ・ブルー、電王戦で活躍する将棋コンピュータのPuella αなどの、すでに活躍が確認されている特定の分野に強いAIのことを「特化型AI」と呼びます。

 

汎用型AIと比べても自意識を持たず、人間に近い知能を必要としない点を考慮して弱いAIと呼ばれていますが、現在実用化していて我々が恩恵を受けているAIは弱いAIに分類されます。

 

金融業界においてのAI活用例

AIの採用に最も積極的な業界の1つとして、金融業界が挙げられます。
弱いAIが専門とする『データベースの活用』による『既存の業務活動の効率化』こそが、現在におけるAIの主な働きの内容になります。

 

その実例としてAIスコア・レンディングがあり、金融の最先端では積極的にAIによる信用審査などの業務改善が試行され、成功例として日々進歩を続けています。

 

得意分野を生かした業務改善

金融業界においてのAIは、主に自動化された顧客対応膨大なデータを活用した市場調査金銭貸借の信用判断の3つの分野で活躍しています。

 

どれも特化を得意とする弱いAIのフィールドとしては、最適なもので残業時間の削減や業務効率の改善により、金融の現場に労働改革を引き起こしています。

 

今後強いAIの実用化が進めば、現実の情報を垣間見て新たな業務形態の提案が行われる可能性もあり、AIは成長が底知れない分野になります。

 

求められている理解とは

AIと人間が理解しあっている様子

強いAIはコンピュータの理想的な形かもしれませんが、人間に近づくにつれて弱いAIとは差別化され、共存の未来も大いに予想されます。

 

いま我々がすべきことは、実用化されている弱いAIを取り扱う上で、どこまでの技術なら達成できるのかといった適正を見極めて手を取り合うことなのではないでしょうか。